こんな爪の症状ないですか?

「足の爪が白かったり黄色く濁っている」
「爪自体が分厚くなってきている」
「爪の下のほうがボロボロ」

 

あなたも、こんな悩みありませんか?

 

ひょっとしたら、爪水虫の可能性があります。
その足の親指爪水虫かも?!【ぺいるーと】

爪水虫ってどんな病気?

 

爪水虫とは、 カビの一種である白癬菌(はくせんきん)が、
足の皮膚から爪に侵入し、爪が曇ったり、爪自体が厚くなったりします。
爪の底がボロボロになるのも特徴です。

 

爪水虫は、足の皮膚の白癬が爪に移動することによって引き起こされるので、水虫がある人に発症します。

 

爪水虫は、かゆくなったり、ジュクジュクしたりすることはなく、
見た目以外の自覚症状はありませんが、
爪水虫はスリッパやバスマットを共有することで他人に感染してしまいます。
ので、他人への感染を防ぐための治療が必要です。

 

 

爪水虫は、家庭内でうつりやすい

 

ボロボロになって崩れ落ちた爪には、水虫菌がたくさん潜んでいます。
水虫菌は洗濯や入浴の際に水で洗い流されるので心配いらないですが、
スリッパやバスマットなどの湿気のある場所から大切な家族に水虫菌を移してしまう危険性があります。
わざわざ治療するほどでも…と思っている方も、治験を通じてお得に治療してみませんか?

 

ぺいるーとの爪水虫治験モニターって?

 

治験にご協力すると、参加される方の負担を軽減する目的で
通院毎に謝礼(負担軽減費)がもらえます。

 

また、専門医の元で最新の治療ができるので、 
医薬品や医療の発展に貢献できます。

 

ぺいるーとは業界トップクラスのモニター数で
個人情報(JAPHIC)マークを取得しているため、
安心してご登録・ご参加いただけます。

 

お得に爪水虫を治療しませんか?【ぺいるーと】

更新履歴